Ferrari、初の4人乗り4ドアスポーツカー「Purosangue」を発表

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ferrariは、2022年9月13日、75年にわたる同社の歴史上初となる4ドア4シーターモデル「Purosangue」を発表した。

Purosangueとはイタリア語で「サラブレッド」を意味するが、Purosangueはそのパフォーマンスと快適性で他の車種とは一線を画している。自然吸気V12エンジン「F140IA」を搭載し、最高出力は725cv/7750rpm、最大トルクは716N・m/6250rpmで、最大トルクの80%が2100rpmから発揮される。F1でのノウハウから生まれた特許取得済みの新機能も採用されており、低中速域での過渡加速のトルクを最適化している。

また、Ferrariファンを魅了するエンジン音も健在で、等長エキゾーストマニホールドは、12気筒が完璧なハーモニーを奏でるようチューニングされており、吸気ダクトを最適化した新しいプレナムが、V12エンジンの高音にボディの中音域を添えている。

エアロダイナミクスにおいては、気流設計、抗力係数(Cd)の低減、前面面積の最小化に不可欠なセンターライン部分を最も重視し、ボディワーク、アンダーボディ、リアディフューザーを可能な限り効率的にすることに重点が置かれた。フロントバンパーとホイールアーチトリムの相乗効果で空気のカーテンを形成し、前輪を空力的に密閉して横方向の乱流を防ぐなど新しいソリューションが採用されている。

シャシーは高剛性構造を目指してゼロから新しく設計された。カーボンファイバー製ルーフを標準装備し軽量化と低重心化が図られたほか、後部ドアにリアヒンジを採用したことでよりスムーズな乗降が可能となり、車体も可能な限りコンパクトにすることができた。

また、Ferrari史上初めて、キャビンには個別に調整可能な独立したシートを4席設置。大人がゆったりと座れるヒーター付き電動シートとなっている。トランクの大きさはFerrari史上最大の473リットルで、後部シートを前方に倒すとラゲッジスペースはさらに広くなる。

Purosangueのボディサイズは全長4973mm、全幅2028mm、全高1589mmで、ホイールベースは3018mm。乾燥重量は2033kgだ。

関連リンク

FERRARI PUROSANGUE:UNLIKE ANY OTHER
FERRARI PUROSANGUEと対面

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る