イギリス空軍の輸送機、使用済み食用油による燃料で初飛行に成功

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリス国防相は2022年11月18日、持続可能な航空燃料を100%使用した軍用機の飛行に成功したと発表した。使用済み食用油などを利用したこの航空燃料は、既存の燃料と比較して、炭素排出量を最大80%低減する可能性がある。

使用した航空機はAirbus A330の軍用版で、イギリス空軍では「Voyager」として運用中だ。今回のVoyagerの試験飛行は、このクラスの軍用機では世界初となる。Voyagerは、オックスフォードシャー上空を、90分間にわたって飛行した。

イギリス空軍は今回の試験飛行を、仏Airbus、英Air Tanker、英Rolls-Royce、燃料は英Air bpが供給するなど、民間パートナーとの協力により実施した。また、イギリス空軍は2040年にネットゼロの達成を目指しており、今回の試験飛行を重要なステップと位置付けている。

イギリス運輸省の航空担当大臣であるBaroness Vere氏は「我々のJet Zero戦略は、軍用機と民間機の両方にとって持続可能な航空燃料が、より環境に優しい飛行の鍵であることを明確にした」と述べた。また、約274億円の基金「Advanced Fuels Fund」を設立して、持続可能な航空燃料の産業を活性化していく考えを示した。

この技術開発によりイギリス空軍は、グローバルサプライチェーンへの依存の軽減を推進し、航空機運用におけるリスク耐性を向上させる方針だ。

関連リンク

Royal Air Force completes world-first sustainable fuel military transporter flight

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る