約1900万画素で約58fpsの高速な撮像性能を有するCMOSセンサーを発売 キヤノン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンは2022年12月14日、CMOSセンサーの新製品となる「LI5030SAC(カラー)」「LI5030SAM(モノクロ)」「LI5030SAI(カラー・近赤外線)」「LI5030SAN(マイクロレンズ・カラーフィルターともに非搭載)」を2023年1月下旬に発売すると発表した。新製品は、35mmフルサイズで約1900万画素の多画素、約58fpsの高速な撮像性能を有する。

新製品は、グローバルシャッター機能を搭載。高速で被写体、またはカメラ自体が移動しながら撮影する際に、被写体をゆがみなく正確に撮像できる。有効画素数は、4Kの約2.3倍となる約1900万画素(5688×3334)。広視野、高解像度で撮像できる。

一般的に画素数が多くなると読み出しに時間がかかり、フレームレートが低下する課題があるが、センサー内の駆動回路と信号処理回路を高速化しているため、約58fps(全画素出力時)の高速読み出しができる。

画素サイズは、光の利用効率が高く、高感度を実現する一辺6.4μm。夜間の監視など、暗い環境下での撮影が求められる場面でも明るい画像を取得できる。また、広いダイナミックレンジにより、建物の出入り口など明暗差が大きい環境でも高画質な撮像ができる。

幅広いニーズに対応するため、ラインアップは4種類。カラーのLI5030SAC、モノクロのLI5030SAM、可視光域と近赤外線域が同時に撮像できる交通監視用カメラや産業用カメラ向けのLI5030SAI、マイクロレンズ、カラーフィルターが非搭載で、電子顕微鏡やX線検出カメラでの活用できるLI5030SANを展開する。

LI5030SAN

日本電子の電子顕微鏡用CMOSカメラ「SightSKY(EM-04500SKY)」には、LI5030SANと同等の性能を持つキヤノンのセンサーが搭載されている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る