日本、イギリス、イタリアが次世代戦闘機を2035年までに共同開発へ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスのリシ・スナク首相は2022年12月9日、同国は日本・イタリアとともに、前例のない国際航空宇宙協力を通じて、将来の安全保障上の脅威に対応していくと発表した。

3カ国は「グローバル戦闘航空プログラム(Global Combat Air Programme(GCAP))」の下、2035年までに次世代戦闘機を開発する計画だ。無人航空機や最新型センサー、最先端兵器、革新的なデータシステムなどのネットワークによって強化されたジェット機を目指すという。

イギリスは日本・イタリアと力を合わせることで、各国の専門知識を活用してコストを分担。イギリス空軍と日本・イタリアとの間に相互運用性を確保する。

このプロジェクトには単なる軍事利用を超えるメリットがあると見込まれ、3カ国すべてに高度な技術を必要とする仕事を生み出し、産業基盤の強化につながり、イノベーションを活性化すると期待されている。

関連情報

PM announces new international coalition to develop the next generation of combat aircraft – GOV.UK
グローバル戦闘航空プログラムに関する共同首脳声明 仮訳(PDF)

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る