IoTソリューション強化。2016年度中に開発要員1,000人に。NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NECは2015年11月9日、IoTソリューションを強化するため、2016年度中に開発要員を1,000名に増強することを発表した。また同時に、製品強化の第1弾として高集積サーバー「DX2000」と、遠隔地にあるCPUなどのコンピュータリソースと高速通信で接続が可能となる「ExpEther 40G」を発売した。

同社は、IoTソリューションを支えるICTプラットフォーム製品事業を、エッジコンピューティングを中心に据えて進める。その中でデバイスを含めた運用管理やデータ分析などのIoT関連技術に注力する。具体的には「高速・高精度な分析処理」、「分散協調型処理」、「デバイスの仮想化」、「セキュリティ」、「統合運用管理」の5点をICTプラットフォームの強化方針として、製品の開発や拡販を推進するとしている。

また今回製品強化として発売した高集積サーバーDX2000は、1ラックあたり572台のサーバーが収容可能。高速メインメモリ分散処理に最適化し、多量のデータを高速で処理する必要があるリアルタイム分析に向いているという。分散処理ミドルウエア「Hodoop」との組み合わせにより、従来システムでは数時間を要する分析を数秒から数分で可能にするという。価格は1,150万円から。

同時に発売したExpEther 40Gは、Ethernet接続で遠隔にあるCPUやGPU、ハードディスクなどのコンピュータリソースを高速通信で接続し、1つのコンピュータリソースとして使用可能にするもの。通信には同社独自の高速・軽量暗号技術「TWINE」を用いており、安全かつ高速なデータ転送を実現できるという。価格は55万円から。

関連リンク
プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る