【展示会レポート】ロータリーボールスプライン SPB形・SPB-KP形/日本ベアリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
main

日本ベアリングは、東京ビッグサイトで1月13~15日に開かれた「インターネプコン ジャパン エレクトロニクス製造・実装技術展」に出展し、アクチュエータ、スライドガイド、スピンドルシャフト、トップボール、ボールスプラインなどの製品を組み込んだ装置のサンプルを展示した。

こうしたベアリングなどの製品は、装置の動きの精度を大きく左右する要因となることから、日本ベアリングはレーザー測定などを導入して高精度を追求し、誤差を1μm未満に抑えるようにしているという。

さまざまな製品を展示していた中でも、同業のベアリングメーカーと比べて、顧客から特に高い評価を受けているというのがロータリーボールスプラインだ。

サンプルとして展示された装置は、CDの場所を移動させるもの。アームを縦方向に直線運動させて垂直方向の位置を決めたら、軸を回転させて指定の位置にまで動かしてCDをピックアップ。同じ要領で、移送先にまでCDを移動させるという動きになる。

このような直線運動だけでなく回転運動も必要になるケースでは、同社のロータリーボールスプラインは動きの精度が高く、導入する顧客企業が増えているという。

今後は同製品を、ロボットや産業用装置などのメーカーにより多く売り込んでいきたい考えだ。

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る