パナソニック、高い耐光性と加工性を持つLED照明向け光拡散性PP樹脂成型材料を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは2016年4月5日、従来品より高い耐光性と加工性を持つLED照明向け光拡散性ポリプロピレン(PP)樹脂成型材料「FULL BRIGHT PP」を開発したと発表した。

同社独自の樹脂設計技術により、従来のPP樹脂に比べて高い耐光性を持ち、紫外線にさらされる屋外環境や強いLED光の下でも高い信頼性を確保できる。

また、同社独自の溶融制御設計技術により、従来の光拡散性PP樹脂成形材料よりも優れた流動性や加工性を持たせたことで、射出延伸ブロー成形に対応。これにより、深堀成形や曲面仕上げなどの複雑な加工ができるようになった。

同社では、自動車の車室照明や屋外看板、店舗照明やデジタルサイネージなどの高い意匠性や複雑な加工、また耐久性が求められるLED照明向けの用途を想定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る