京大ら、IoT向け国際無線通信規格Wi−SUN FAN対応無線機の基礎開発に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都大学、ローム、日新システムズは2016年11月14日、IoT向け新国際無線通信規格Wi−SUN FAN(Field Area Network)に対応した無線機の基礎開発に成功したと発表した。

Wi−SUN FANは、IoT構築に最適な国際無線通信規格「Wi−SUN」の新規格。電気・ガス・水道のメータリングのほか、インフラストラクチャ、高度道路交通システムなど、スマートシティやスマートグリッドを構築するさまざまなアプリケーションにおいて、相互運用可能な通信ネットワーク技術として期待されている。

京大らは今回、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の中で、Wi-SUN FANに対応した基礎無線機を開発。さらに同無線機を複数台用いて、マルチホップを利用したIP通信を行う基礎実験に成功した。

開発された無線機は、IEEE802.15.4/4g/4e技術を核に、WiFiシステムで導入実績のあるインターネット接続用国際規格、およびIPをベースに無線機間の多段中継を実現するマルチホップ国際規格を統合した機能を搭載。そのため、スマートシティ、スマートメータリングを構成する各種センサ、メータ、モニタを手軽にインターネットに接続するのに利用できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る