実装面積を約27%小型化した650V耐圧スーパージャンクションパワーMOSFET DTMOSVI出荷 東芝デバイス&ストレージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝デバイス&ストレージは2021年3月11日、TOLLパッケージに搭載した650V耐圧スーパージャンクションパワーMOSFET DTMOSVI(ディーティーモスシックス)シリーズ「TK065U65Z」「TK090U65Z」「TK110U65Z」「TK155U65Z」「TK190U65Z」の量産、出荷を開始した。4端子タイプにより、スイッチング損失を低減する。

TOLLパッケージは、実装面積を既存パッケージのD2PAKと比べ約27%小型化した表面実装タイプのパッケージとなる。4端子タイプになっているためゲートドライブ用の信号ソース端子をケルビン接続可能。パッケージ内部のソースワイヤのインダクタンスによるスイッチングへの影響を低減する。MOSFETの高速スイッチング性能を引き出し、スイッチング時の発振を抑制するという。

新製品は、既存製品のTK090N65Zに比べ、ターンオン損失を約68%、ターンオフ損失を約56%低減。TOLLパッケージと最新世代のDTMOSVIとの組み合わせで、最大値65mΩの低オン抵抗製品までラインアップを拡充した。データセンター、太陽光発電パワーコンディショナー、無停電電源装置などに適している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る