京セラ、ワンアクションタイプ0.5mmピッチFPC/FFCコネクターを7月に販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンアクションタイプFPC/FFCコネクタ「6810シリーズ」

京セラは2017年6月21日、ワンアクションタイプの0.5mmピッチFPC/FFCコネクター「6810シリーズ」を製品化し、7月に販売開始すると発表した。独自ロック機構により良好な作業性と確実な嵌合を実現している。

近年、製造現場では産業用ロボットによる工程の自動化が進むが、これまでの主なロック付きFPC/FFCコネクターは、FPC/FFC挿入後にロック操作を行う必要があり、作業員による組立作業が一般的だった。今回の製品は、自動ロック機構を採用して産業用ロボットによる自動組み立てに対応するものだ。

6810シリーズは、同社初となるワンアクションタイプのロック付きFPC/FFCコネクター。独自のロック構造の採用により、FPC/FFCを挿入する1つの動作(ワンアクション)だけで、コネクタ両端のバネがアクチュエーターの回転を補助し、完全嵌合状態になると自動でロックがかかる。FPC/FFC抜去時には、アクチュエーターのタブを押さえながら引き抜く操作となるため、ロックが解除されたままになることがなく、操作ミスなどによるFPC/FFCの抜けを防ぐ。
170621_kyocera01
また、半嵌合状態などの嵌合不具合時にはアクチュエーターが閉じないため、目視での確認のほか自動光学検査装置(AOI)による嵌合不具合品の判別が可能。半嵌合品の流出対策に貢献する。

基盤とFPC/FFCが垂直に嵌合するストレートタイプと平行に嵌合するライトアングルタイプが用意され、設計の自由度を向上させている。また、使用温度範囲が-40〜+85℃で、OA機器や産業機器、家電など一般電子機器向けの「通常タイプ」に加えて、車載機器のエンジンルーム近くの接続にも適した+125℃までの「高耐熱タイプ」も用意されている。RoHS指令対応/ハロゲンフリー対応で環境にも優しい。

対応予定極数は10〜60極。極間隔は0.5mm。対応するFPC/FFC厚は、信号部0.3±0.03mm、グランド部0.5±0.03mm。サンプル価格は、45極品の通常タイプで100円。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る