新開発パワースライドドアシステムが「ハイエース」の海外向け新シリーズに搭載 アイシン精機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイシン精機は2019年3月14日、同社のパワースライドドアシステムが、同年2月18日にフィリピンで発表されたトヨタ自動車の海外向け新型ハイエースに搭載されたと発表した。今回搭載された新開発製品は、路面冠水に配慮したパワースライドドア駆動ユニットと、小型軽量リリース一体式スライドドアクローザーだ。

同ユニットは、スコールなどで道路の冠水が頻繁に起こる国や地域での使用を想定したパワースライドドア駆動ユニットだ。「風呂桶」から着想を得て開発したカバーは、シール材などを使用せず空気だまりを確保できる設計となっている。また、路面冠水時の車両傾きを考慮した「高床式アクチュエーター取り付け」を行っている。これら製品設計や取り付け方法の工夫によってシステムの作動を制御するECU(Electronic Control Unit)に水が被りにくい構造となっており、耐久性の向上に貢献している。

小型軽量リリース一体式スライドドアクローザーは、スライドドアの開閉を行う際にドアの閉じ切りやドア開操作時のアシストを行う部品だ。ドアから受ける反力を低減する構造により、部品に作用する力の割合を従来品よりも小さくすることで、ドアハンドルを操作する際に必要な力を低減している。その結果、女性や子どもでも簡単にスライドドアの開閉ができるようになった。また、従来のハイエースではドアの開閉でそれぞれ独立していたアクチュエーターを一つに統合することで、部品点数の削減と重量低減を実現。スライドドア内の部品搭載性の向上と、車両重量の低減に貢献している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る