ヤマハ発動機、スライダタイプのモーターレス単軸アクチュエータ「Robonity series」を発売――高剛性/高精度/コンパクトを実現、主要8社のモーターに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2019年3月20日、スライダタイプのモーターレス単軸アクチュエータ「Robonity series(ロボニティシリーズ)」を5月7日に発売すると発表した。主要8社のモーターメーカーに対応しており、使い慣れたモーターやドライバを搭載できるという。

Robonity seriesには、高剛性/コンパクト/ローコストの「Basic モデル:LBAS」と、高精度/高耐久性が特徴の「Advanced モデル:LGXS」をラインナップした。

「Basic モデル:LBAS」は、ガイドレールとフレームの一体化構造により、従来比約-20%のコンパクトな幅寸法を実現。また、従来機比+70%~+200%の高いモーメント剛性と、走り平行度±0.02/800mmもの高精度を実現した。設置工数の削減やメンテナンス性も考慮。カバーなどの外装部品を外すことなく設置でき、分解することなくボールねじやガイドへ給脂できるという。

「Advanced モデル:LGXS」では、研削ボールねじを標準採用し、リード精度はJIS規格の精度等級でC5、繰返し位置決め精度で±0.005mmを実現。歩留まりの向上が見込めるという。静音化と長寿命化も実現している。また、本体上面に防塵ステンレスシートを採用しクリーン仕様に対応した。エア吸引用継ぎ手(タップ)も標準装備しているので、配管継ぎ手を取り付ければクリ−ン環境での使用もできる。

ヤマハ発動機は、Robonity seriesの適用先として、自動車部品、電機/電子、医療、食品、化粧品などのさまざまな生産工程を想定。また、同社の産業用ロボットにも適用することで、多様な自動化のソリューションを提供していくという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る