IT系エンジニアのキャリアプランの考え方 | 職種別のキャリア例まで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアは様々な業界で必要とされる職種であり、エンジニアとして活躍している人の中でも、仕事にやりがいを感じている人は多いでしょう。一方で、今後のキャリアプランについて迷っている人も少なくないはずです。

IT系エンジニアに関しては、AIを始めとして新しい技術がどんどん出てきており、キャリアに影響を与える要素が少なくありません。この記事では、IT系エンジニアのキャリアプランの考え方から、実際のキャリアの例まで紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

IT系エンジニアのキャリアの考え方

IT系エンジニアのキャリアについて、考える際のポイントについて紹介します。

「システムエンジニア」と「インフラエンジニア」

IT系エンジニアと一言で言っても種類を大きく分けると「システムエンジニア」と「インフラエンジニア」に分かれます。

システムエンジニアとは、プログラミング言語を活用して各種システムを作るエンジニアのことです。一方のインフラエンジニアとは、ネットワークやサーバーといったシステムを動かす際に必要となる基盤を扱うエンジニアのことです。

同じIT系エンジニアですが、仕事内容は全く異なります。また、求められる能力や知識も大きく違うため、キャリアを考える上では、システムエンジニアとインフラエンジニアのどちらを選択するかが重要となります。

「スペシャリスト」と「マネージャー」

システムエンジニア、インフラエンジニアどちらを選んでも、将来的なキャリアとして「スペシャリスト」と「マネージャー」のどちらかを選ぶことになります。

スペシャリストとは、エンジニアとしての技術力を磨きながら、現場の最前線で働き続けることです。一方のマネージャーは、いわゆる管理職であり、現場で案件をこなすエンジニアの管理を行います。

どちらを選ぶにしても、まずはシステムエンジニア、インフラエンジニアとして現場での経験を積む必要があります。その中で自身の適性を踏まえてスペシャリストかマネージャーかを選ぶことになります。

海外で働く選択肢もある

近年では海外に進出する日本のIT企業も少なくないため、海外で働くということも選択肢の1つです。

日本と海外の橋渡し役となって働く、現地のエンジニアのまとめ役として働く、ソフトウェアの開発の際にローカライズ作業を行うローカライズエンジニアとして働くといった働き方があります。

現在、エンジニア市場は売り手となっているため、海外で経験を積んでその後のキャリアに活かして働く選択も十分に考えられます。

IT系エンジニアがキャリアプランを決める際のポイント

IT系エンジニアがキャリアプランを描いていく上でどういった点が重要なのでしょうか。そのポイントについて紹介します。

今までの自分をしっかりと分析する

キャリアプランを描く上でまず行うのは、これまでの経験を分析することです。

これまでの自分はどの会社でどういった仕事を経験してきたのか、得意なことはなんなのか、どういったスキルを身につけているのかといった点を書き出してみてください。

過去の自分の分析を行うことで、どういった仕事に向いているのか、どういった分野なら活躍できるのかといった部分が見えてくるはずです。分析の結果によっては転職を考えてもよいでしょう。

5年後、10年後にどうなっていたいかを具体的に考える

目の前の仕事に注力しつつも、将来の自分はどうなっていたいのか考えるようにしましょう。

将来はどういった仕事をしたいのか、どういったポジションについていたいのか、結婚やマイホームの購入などプライベートはどうするのか、など可能な限り具体的に考えるようにしましょう。

そして、その目標や理想の姿を現実のものとするためには何をすればいいのか、どういうスキルが必要になるのか、そして今からできることは何であるのか逆算して考えるようにしましょう。考える際は、5年や10年など区切りのいいタイミングだと考えやすくなります。

市場価値の高いエンジニアになるには?

エンジニアは売り手市場だと言われていますが、エンジニアであれば採用されるわけではありません。続いては、市場価値の高いエンジニアになるためのポイントについて紹介します。

得意分野を持ち、日々研鑽する

他のエンジニアに負けない強みを持つエンジニアは市場価値が高いと言えます。

1つの分野のスペシャリストになることができれば、様々な企業から求められる人材であるということです。そのためにも日々技術や知識をアップデートしたり、研鑽したりすることが大切です。

一例ですが、需要の高いエンジニアは、以下のようなものが挙げられます。

・機械学習エンジニア:AI(人工知能)を扱うエンジニア
・Webエンジニア:Webシステムやサービスを作り出すエンジニア
・ネットワークエンジニア:ネットワーク環境の設計、構築、保守、運用を行うエンジニア

コミュニケーションスキルを磨く

IT系エンジニアに限った話ではありませんが、コミュニケーション能力はどの業界、どの職種、どの会社であっても求められる能力です。

エンジニアは言われたことをこなすだけでなく、顧客のニーズを満たすための最善策を提案しなくてはなりません。相手の意見を汲み取り、こちらの意見を伝える能力も必要となります。

また、海外で働くことを目指すなら、英語をはじめとした語学力も欠かすことができません。
英語に限らずコミュニケーションが成り立たなければ採用されないので、いずれにしてもコミュニケーション能力を磨くようにすることが必要です。

健康に気をつける

仕事をする上で体は資本となります。体を壊してしまっては元も子もありません。
特にエンジニアは専門性の高い業務をこなしているため、健康を損なうと会社に与える影響も大きくなります。

高いレベルの仕事をこなせることはもちろんですが、健康であることもエンジニアの市場においては重要な要素となります。日頃から健康に気を使うようにしましょう。

職種別IT系エンジニアのキャリア例

最後に、職種別にIT系エンジニアのキャリア例を紹介します。

システムエンジニア

システムエンジニアの場合、大きく分けてスペシャリストを目指すパターンとマネージャーを目指すパターンが考えられます。

スペシャリストを目指すなら、20代前半では仕事の経験を積むことが大切です。その後20代後半にかけては上流工程に携わり、業界全体に対する知識を身につけるなど、自己研鑽に取り組みます。

30代に入ってからは、自分の担当業務に関する知識や技術を磨き、より高度な案件をこなして経験を積みます。そこから先は、マネジメント領域に関わるという流れもありますが、スペシャリストを目指すのであれば現場で働き続ける道を選びます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアにおいてもスペシャリストを目指すケースとマネージャーを目指すケースに分かれます。

スペシャリストを目指す場合、仕事を始めた直後はシステムの監視から始まります。これは障害発生時の対応やシステム導入時の検証作業などです。

その後、運用や構築、保守といった業務を任されるようになります。この段階になると、自らシステムを1から構築するのが仕事になります。

その後は、顧客からヒアリングを行い自らシステムの提案や設計を行う段階へと移ります。

マネージャー

マネージャーを目指す場合もまずは、現場での経験を積むことになります。

流れとしては、30代まではそれぞれエンジニアとして現場での経験を積みます。30代以降で徐々に指導する立場であるプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーになり、エンジニアを管理する立場へと移っていきます。

部長など、部署全体の管理職を目指すのであれば、プロジェクトリーダー、マネージャーとしての管理能力や成果を出して上層部から推薦をもらう、あるいは社内公募に応募することになります。

まとめ

IT系エンジニアがキャリアを考える上で大切なのは、「システムエンジニア」と「インフラエンジニア」、そしてエンジニアとしてのスキルを磨き続ける「スペシャリスト」とエンジニアの管理を行う「マネージャー」のどちらを目指すかという点です。

エンジニアは売り手市場ですが、このキャリア形成がよりよい転職のカギを握ります。

メイテックネクスト」は、エンジニアに特化した転職支援サービスを展開しており、多くの求人を掲載しています。エンジニア転職のプロがキャリア分析と柔軟なマッチングを行うため、自身のキャリアを意識した転職が可能となります。

現在転職を考えているエンジニアの方はぜひご登録ください。

関連リンク

メイテックネクスト

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る