IT系エンジニアとして年収1,000万円を目指すには?必要なスキル、方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアは現在、引く手あまたな職業です。スキル次第では年収1,000万円を超えるのも不可能ではありません。この記事では、IT系エンジニアとして、より多くの収入を目指す方のための内容を紹介しています。年収1,000万円を目指すためのスキル・方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

IT系エンジニアの平均年収は?

現在のIT系エンジニアの平均年収を企業規模別に紹介します。IT系エンジニアの平均年収は、1,000人以上の企業規模で特に高くなる傾向があります。また、システムエンジニアの方が、平均年収が高いのは、高いスキルが求められる上に人材が不足しているからです。また、残業が多いのも理由の一つでしょう。


平均年収は「きまって支給する現金給与額×12ヵ月+年間ボーナス支給額」で算出しています。

参考:賃金構造基本統計調査 平成29年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイルから探す | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

年収1,000万円を目指すために必要なスキル

IT系エンジニアで年収1,000万円を達成するには、エンジニアとしてのスキルや経験はもちろんのこと、それ以外の能力も求められます。年収1,000万円を目指すには他の人との差をつける必要があります。様々なスキルを身につけてキャリアアップすることが大切です。

大企業への転職を検討してみることもおすすめです。普段からその意識でいれば、日々の仕事から学ぶ部分も大きくなるでしょう。以下で紹介するスキルも参考にして、年収1,000万円を目指してください。

プログラミングスキル

当然ながら、IT系エンジニアとして最も重要な能力がプログラミングスキルです。プログラミングスキルがなければ、エンジニアとしての収入を得られません。年収1,000万円を目指すなら、一定以上のプログラミングスキルの習得が必要です。

どのくらいのレベルが必要かは、取り扱う案件によってまちまちです。ただ、プロジェクトには広くて浅い知識よりも特定の分野に特化した人材の方が好まれます。年収1,000万円を目指すなら、専門性の高いプログラミング言語に集中することもおすすめです。

需要の高いプログラミング言語

年収1,000万円を目指すなら、需要の高いプログラミング言語を習得しましょう。他に高いレベルのスキルがあっても、需要のないプログラミング言語しか使えないようでは、年収は上がりません。

需要度の高いプログラミング言語を習得すれば、エンジニアとしての価値があがります。「Go」や「Scala」など、需要の多いものを中心に習得することをおすすめします。

学習言語別の年収例

引用:プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ|BIZREACH

コミュニケーション能力

エンジニアの仕事は一人で行うものではなく、他のメンバーとコミュニケーションを取りながら、プロジェクトとして進めていきます。エンジニアとして仕事を受注する際にも、発注元との打ち合わせやすり合わせが必要です。

エンジニアとして高いスキルがあるだけではなく、自分の意思を伝え、相手の意図をくみ取る能力が必要です。

マネジメント能力

プロジェクトのリーダーなどキャリアアップするためには、マネジメント能力が必要となります。マネジメント能力は全体の工程を把握し、期限内に成果物を仕上げるために重要な能力です。

プロジェクトのリーダーとなってメンバーをまとめる立場になれば、通常のIT系エンジニアより高い報酬が得られます。特に日本のIT業界は、マネジメント能力をもつ人材が不足していると言われています。

マネジメント能力を鍛えるには、相手の話をよく聞き、関係者と強い信頼関係を築くことが大切です。

マーケティングスキル

エンジニアが、マーケティングスキルを持ち、情報を発信できるようになると、さらに需要が高まります。「課題を発見する力」「企画力」のあるエンジニアは、評価の高い人材と言えます。

マーケティングスキルを持っていれば、現状を分析した上で、効果的なシステムを開発できます。実際に、シリコンバレーではマーケティングスキルを持ったエンジニアは「グロースハッカー」として高い評価を得ています。

年収1,000万円を目指す方法

プロジェクトマネージャーになる

プロジェクトマネージャーは、クライアントとメンバーの間に立ち、工程通りにプロジェクトを進める仕事です。コミュニケーション力・決断力・柔軟性など、総合的なスキルが求められるため平均年収も高めになっています。

プロジェクトを完成させるには、プロジェクトメンバーとの協力と、ポジティブに鼓舞できる力が不可欠です。

必要なスキル

・クライアントの要望と実際の作業工程との調和を図る能力
・プロジェクト全体の工程を把握し適切に管理する能力
・業務を円滑にするために適切なコミュニケーションをとる能力
・開発やテストなどのサポート業務を行う能力
・プロジェクトの作業内容、開発環境を決められる知識と経験

ITコンサルタントになる

ITコンサルタントは、専門スキルを用いて企業の問題解決を行う職種です。業務上の問題点を明らかにして、システム開発なども企画から納品まで行います。エンジニアとしての能力だけではなく、総合的な能力が求められるため、年収も高めになっています。

必要なスキル

・クライアントが問題解決をイメージできるようなプレゼン能力
・どのように問題解決するのか把握するための論理的思考力
・クライアントやメンバーの意識を揃えるコミュニケーション能力
・プロジェクトのメンバーと協力できる協調性
・プロジェクトを引っ張っていけるリーダーシップ
・製品を理解できる専門スキル
・クライアントやプロジェクトメンバーの理解を得るための交渉力

外資系企業へ転職する

エンジニアの平均年収は、国内より海外の方が高いため、外資系企業へ転職するのもよいでしょう。外資系企業のシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどは、高収入を得やすい職種といえます。

最新テクノロジーのほとんどが海外企業で生み出されており、外資系企業に転職できれば、いち早く世界最先端のテクノロジーに触れられます。ただし、外資系企業は成果主義が一般化しているため、結果を出せなければ満足のいく収入が得られません。

必要なスキル

・エンジニアとしての高い専門スキル
・海外の人ともコミュニケーションをとれる英語力
・成長する技術や分野を見極めるキャッチアップ力

大手企業へ転職する

企業規模が大きくなると、年収が上がる傾向にあるので、大企業へ転職するのもよいです。中小企業と大手企業の平均年収の差はどこでもあるものですが、エンジニアも例外ではありません。大手企業の方が、中小企業よりも平均年収が高くなっています。

また、大規模案件に関われるため、優れたエンジニアと作業できる機会が多くなります。経験を積めば、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなどにキャリアアップできます。

必要なスキル

・エンジニアとしての高い専門スキル
・チームでプロジェクトを進める経験
・やりたい仕事ができなくてもそこから何かを学ぼうという姿勢

フリーランスとして働く

フリーランスとして働くことで、年収1,000万円を達成することが可能になります。フリーランスで働くメリットは、中間マージンの支払いが不要となり、収入が増えることです。デメリットとして、仕事が得られなければ無収入となります。

病気で休まざるを得ない時でも、会社員時代のように給料が入ってくることはありません。生活できるだけの業務スケジュールを組みつつ、適切に体調管理する必要があります。

必要なスキル

・日々の体調管理
・スケジュール管理
・年末調整や確定申告などの会計知識
・クライアントとの交渉力
・案件を獲得する営業力

まとめ

IT系エンジニアの平均年収は400万円~600万円です。年収1,000万円目指すなら、プログラミングスキルはもちろん、「マネジメント能力」「マーケティング能力」「コミュニケーション能力」などの能力が必要です。エンジニアとしての能力に自信があるなら、外資系企業や大手企業に転職するのもよいでしょう。

メイテックネクストはエンジニアに特化した転職支援サービスです。求人数もNo.1で、エンジニア転職のプロがキャリア分析と柔軟なマッチングを行います。土・日・祝日でも対応できるので、転職をお考えの際はぜひご利用ください。

関連リンク

メイテックネクスト

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る