機械設計エンジニアの仕事|新製品を生み出すために必要な能力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家電製品、自動車、情報機器、工作機械、産業機械をはじめ、私たちの身の回りにはさまざまな機械があふれています。そんな機械の“動くしくみ”を作るのが機械設計という仕事です。ソフトウェアや電子回路設計とは異なり、機械が直接的に動いたり、製品そのもののデザインやスペックを決定づけたりする技術だけに、「自分が設計したものが形として見られる」というよろこびを存分に味わえるのが大きな魅力。そんな機械設計エンジニアという仕事について説明します。

機械設計エンジニアの仕事とは?

機械設計とはどんな技術なのか、具体的な仕事内容に触れながら機械設計エンジニアという仕事について解説していきます。

機械設計とは

機械設計とは、読んで字のごとしで「機械が動く仕組み」を設計する仕事です。 私たちの身の回りにはさまざまな機械製品があふれていますが、それらの筐体(きょうたい)部分や機構部分の設計を行うのが機械設計エンジニアの仕事です。

機械製品のデザインや図面を作成し、組み立てや加工なども担当します。最新鋭の機械製品や工業用機械の規格を決定することもあるでしょう。

直接的に製品の機能やデザインに関わる技術領域だけに、製品開発の企画段階から参加し、コンセプトやメカニカル部分の仕様策定、設計、試作、試験/評価まで幅広く担当し、製品開発をリードしていく重要な仕事だと言えます。

機械設計エンジニアの仕事内容

メーカーなど製品開発の委託元と打ち合わせを行い、製品のコンセプトや求められる性能などを明確にする「概念設計」からスタートします。そこで具体的な仕様が決定したら、機械設計用のメカニカルCAD(Computer Aided Design)を用いて基本設計を行います。

次にCAE(Computer Aided Engineering)を用い、コンピューター上で設計したものが狙った通りの動きをするかシミュレーションを行い、設計の妥当性を検証します。その後、CAM(Computer Aided Manufacturing)などを用いて試作品を製作し、実験・検証を行う、というのが主なプロセスです。さらに生産技術部門と連携し、より効率的な生産が行えるよう、一部設計の見直しを行うなどの調整も図っていきます。

機械設計エンジニアが活躍する業界

機械設計は、多岐にわたる分野の機械が対象となるだけに、機械設計エンジニアが活躍するフィールドも無限に広がっています。一般的な白物家電はもちろん、情報家電、自動車、アミューズメント機器、工場などで使われる生産設備、産業用ロボットまで、幅広い分野のものづくりにおいてなくてはならない役割を果たしています。

また、成長著しいIoT分野においても、ドローンやロボットアームなど、精密機械領域において機械設計エンジニアの存在がより一層求められていくことは間違いありません。技術力やアイデアが優れていれば、優遇する企業も多く存在します。

機械設計エンジニアに必要なスキル

機械設計エンジニアへの転職を踏まえ、必要とされるスキルや、転職に有利になる可能性のある資格などについて説明します。

CADで設計するスキル

機械設計エンジニアに求められるスキルや資格にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、なんと言ってもCADスキルです。高精度な設計図面を作成し、コンピューター上で強度計算や応力解析を行うには、CADやCAEが欠かせません。

手描きで製図を行う方法もありますが、やはり高精度かつ効率的に製図作業を行うにはCADが必要不可欠。ということで、機械設計用のメカニカルCADの知識や、操作スキルは身につけておきたいものです。

資格としては、一般社団法人日本機械設計工業会が発行する「機械設計技術者」資格や、一般社団法人コンピュータ教育振興協会発行による「CAD利用技術者」資格があり、これらを取得しておけば機械設計エンジニアとしてのスタートを有利に切ることができるでしょう。

機械工学に関する知識

機械力学、熱力学、材料力学、流体力学など、いわゆる「四力学」を含む機械工学の知識があればなおよしです。さらに「ものが動く機構を考える」という仕事であるがゆえ、柔軟かつ論理的な思考が行えることも重要。また、大学や専門学校等で機械工学を学んだ方は、身に付けた基礎知識を実際の機械設計に生かす応用力なども大切になってくることでしょう。

新しいものを生み出す発想力

自社開発はもちろん、メーカーなど外部のお客さまからの受託開発による機械設計というケースも考えられるため、クライアントに深く寄り添い、その要望を余すところなくくみ取り、設計へと反映させられるヒアリング能力や、これまでにない価値を持つプロダクトを生み出す発想力なども、重要であることは言うまでもありません。

どうすればクライアントの要望を取り入れることができるか、検証や実験を重ねてアイデアを実現させる粘り強さも必要になるでしょう。

コミュニケーション能力

ある一つの製品を開発する場合、機械設計だけでなく、電子回路設計やソフトウェア設計、生産技術など他の領域のエンジニアたちとチームを組んで作業を行うことが基本となります。さらにクライアントと連携を行う場面も多々あることから、コミュニケーション能力は極めて大切なスキルだと言えます。

開発の過程でトラブルが発生した場合でも、コミュニケーション能力があれば、前後工程のエンジニアとの連携もスムーズに進み、課題を明確化して問題解決するスピードも速くなります。

機械設計エンジニアのやりがい

仕事を通じてどんなよろこびやスキルを得られるのか。ここでは機械設計エンジニアという仕事の魅力について説明します。

最先端のものづくりに関われる

機械設計エンジニアは、新製品開発の構想段階から参加する機会も多々あることから、「自分の手で新しい製品を生み出すことができる」というやりがいを感じ、仲間と製品を作り上げたという達成感を分かち合うことができます。

自分が設計した商品がヒットしたときには、商品を通じて社会への影響を実感できますし、利用者やクライアントから感謝の言葉をもらうこともあるでしょう。産業機械の場合は、設備機器がものづくりや社会機能を支えているという、使命感にも通ずるよろこびを味わうことができます。

仕事はキャリアとして評価されやすい

当然のことながら、機械設計の場合は自分が手掛けた製品が成果物という「形」として残るため、実績を評価されやすいというメリットがあります。特に家電製品のような民生機器や自動車などはより人目に触れやすいため、転職においては非常に強力なアピール材料となり、設計した製品が優れていた場合は好待遇も期待できることでしょう。

また、機械設計は経験を積めば積むほど技術とノウハウが蓄積され、高難易度の設計に対応できることはもちろん、トラブルシュートなどにも強くなるため、「経験を豊富に積んでいる」という点も転職においては大きな武器となります。

市場のニーズに敏感になれる

テクノロジーは日進月歩で進化していくものです。それゆえ、常に情報収集を怠らず、市場の変化やテクノロジーの進歩をいち早くキャッチしていくことが重要です。そうした姿勢で仕事に取り組むことで、市場のニーズを敏感にキャッチし、それを踏まえた提案を行えるようになります。

単に技術に秀でたエンジニアではなく、「プラスα」の提案を通じた、価値あるものづくりを行えるエンジニアに成長を遂げるためにも、常に市場や技術の動向に関する情報収集を行いましょう。

機械設計エンジニアは将来性も明るい分野

機械がある限り必要とされ続ける機械設計エンジニア。また、機械はあらゆる産業分野で欠かせないものであり、同時に「人の手」、「経験値」が大きくものを言う仕事でもあるため、「近い将来、AIに仕事を奪われる」ということも考えにくいです。

そういった意味では、機械設計エンジニアの将来性は明るく、新たなキャリアチェンジを図るにあたって安心して飛び込んでいきやすい世界だと言えます。

興味がある方は、各企業の求人もチェックしてみてください。詳細はこちら です。


エンジニアの転職なら「メイテックネクスト」
求人数もNo.1、エンジニア転職のプロがキャリア分析と柔軟なマッチングを行います。土・日・祝日でも対応できるので、転職する際はぜひご利用ください。


関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る