自動車用アルミ合金の高品質レーザー溶接技術を開発――車体の軽量化による燃費向上に貢献 古河電工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古河電気工業は2019年6月7日、自動車用アルミニウム合金の高品質ファイバーレーザー溶接技術を開発した。同技術により、自動車用車体の軽量化による燃費向上、CO2排出量削減に貢献する。

近年、自動車の車体軽量化の要求が高まっており、自動車用パネル材/構造材への各種アルミニウム合金の適用が拡大している。

ファイバーレーザー溶接は、自動車の組み立て工程において高速/高品質溶接が可能で、生産性の向上が期待できる技術とされている。しかし、アルミニウム合金の溶接においては、一見良好な溶接外観であっても、ビードの割れや溶接部内部にブローホールが発生しやすく、克服すべき技術課題となっていた。

同社は今回、アルミニウム合金の高品質レーザー溶接技術を開発。これまで開発を進めていたビームモード制御技術と溶接条件の最適化により、アルミニウム合金の溶接欠陥を削減することに成功した。

今回の技術開発により、自動車産業へのファイバーレーザー溶接技術の導入を進めるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る