【エンジニア意識調査】シニア世代の生活、毎月の生活費は「20~24万円」。半数が「年金だけでは苦しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイント

  • 65歳以上シニア、毎月の生活費は「20~24万円」が最多
  • 生活費は「年金だけで足りている」エンジニアの38.2%、「年金だけでは苦しい」49.2%

調査概要

エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、65歳以上のシニア世代1000人を対象に、「老後の生活費と年金」に関するアンケート調査を行いました。

老後の生活に公的年金以外に2000万円必要だと金融審議会が試算した、「老後2000万円」問題が話題となりました。現在65歳以上のシニア世代の月々の生活費はどのくらいなのでしょうか。実際に生活費は年金でどのくらいまかなえるのでしょうか。65歳以上の男女1000人に聞きました。

関連記事

【エンジニア意識調査】現役エンジニアの81.2%が「定年後も働きたい」。必要なのは「資格」「体力」「コミュニケーション能力」
【エンジニア意識調査】エンジニアの63.4%が「老後のために貯蓄をしている」、現在「2001万円以上」貯蓄があるのは8.6%
【エンジニア意識調査】65歳以上シニアの33.2%が現在「働いている」、2017年より11.9ポイント減

調査結果サマリー

65歳以上シニア、毎月の生活費は「20~24万円」が最多

・65歳以上の男女1000人に現在の生活費を月額で聞いた。現在、または退職前に「エンジニア」として就業していた人、それ以外の職業の「非エンジニア」に分けてそれぞれ集計した結果、最も多かったのは「エンジニア」「非エンジニア」共に「20~24万円」(エンジニア:24.6%、非エンジニア:23.6%)だった。

生活費は「年金だけで足りている」エンジニアの38.2%、「年金だけでは苦しい」49.2%

・現在、生活費は年金だけで足りているか聞いたところ、「エンジニア」の38.2%が「年金だけで足りている」「贅沢をしなければ足りている」と回答した。一方で49.2%が「年金だけでは苦しい」「なんとかなるが苦しい」と答えている。

・「非エンジニア」では33.8%が「足りている」と回答。52.6%が「苦しい」と答えた。


【調査概要】
調査方法:ネットリサーチ
期間:2019年8月29日~9月5日
対象:65歳以上のシニア1000名


–メディア関係の皆様へ—
本調査データは、ぜひ記事などでご自由にご活用ください。
記事での紹介・引用時には、エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」調べ、など、調査元を明記ください。
Webサイトでご紹介いただく際は、本記事のURLを貼っていただけると幸いです。

【エンジニア意識調査】シニア世代の生活、毎月の生活費は「20~24万円」。半数が「年金だけでは苦しい」

グラフデータは当ページからダウンロードいただくか、より高画質のデータをご希望でしたら、お問い合わせページよりご連絡ください。
—————————-

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る