昭和電工、HDDの次世代記録技術HAMR対応HDメディアの製造技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和電工は2020年2月6日、ハードディスクドライブ(HDD)の次世代記録技術である熱アシスト磁気記録(HAMR)に対応した次世代HDメディアの製造技術を開発したと発表した。

HAMRは、微細な粒子構造、耐熱揺らぎ性能、磁化のしやすさの3要素を同時に満足させることが困難な状態を指す「磁気記録のトリレンマ」を解決するために、記録時に磁性膜を局所的に加熱して記録する方法だ。

従来の磁気記録方法を用いたHDメディアの記録密度が約1.14Tb/in2であるのに対し、HAMR技術を使用した場合、将来には5〜6Tb/in2を実現できるといわれている。その結果、同じディスク枚数であれば、3.5インチHDD1台当たり70〜80TB程度の記録容量が実現可能と想定されている。

昭和電工は、最も強力な磁性材料の一つで耐食性にも優れるFe−Pt系磁性合金薄膜を用い、磁気記録層の層構成やメディア製造時の温度制御等に独自の工夫を加えた。それにより、現在の最先端HDメディアの数倍もの高い保磁力を有しながら、結晶粒径の微細化と最適な分散制御により低ノイズを実現し、電磁変換特性と耐久性がともに業界最高レベルに達するHDメディアの製造に成功したという。

今後は本格的な供給へ準備を進めていくとともに、HAMRやMAMRなどの次世代記録技術に対応した業界最高クラスの製品をいち早く市場に投入し、HDDの高容量化に貢献していくとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る