刃先にスミボロンバインダレスを適用した、難削材仕上げ加工用エンドミルを開発 住友電気工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友電気工業は2020年6月25日、刃先に結合材を一切含まないCBN焼結体であるスミボロンバインダレスを適用した難削材仕上げ加工用工具「スミボロンバインダレスエンドミル」を開発し、2020年7月から受注生産を開始すると発表した。高精度加工用ボールエンドミルと高能率加工用ラジアスエンドミルを販売する。

近年ではミリング加工でも、航空機産業をはじめとするニッケル基耐熱合金、高精度焼入鋼金型、Additive Manufacturing(AM)造形材などの難削材加工で、さらなる高精度化や生産性、安定性を向上する切削工具のニーズが高まっている。これを受け、刃先に超微粒CBN粒子のみで構成されるCBN焼結体であるスミボロンバインダレスを適用したエンドミルを、住友電気工業は開発した。

高精度加工用ボールエンドミルは、刃径φ2mm(R1mm)以下。焼入鋼金型の直彫り加工に向いており、高精度で優れた仕上げ面を長期間維持する。刃先には、超々微粒CBN(粒径:数十nm)からなるバインダレスCBN焼結体を採用。独自の高精度研磨技術により、刃先を高精度で極めて鋭利に仕上げている。

高能率加工用ラジアスエンドミルは、刃径φ5mm以下。Ni基耐熱合金やAM造形材などの難削材仕上げ加工に向いており、優れた熱伝導率で抜群の耐摩耗性を発揮する。刃先には、超微粒CBN(粒径:数百nm)からなるバインダレスCBN焼結体を採用。切れ刃を独自の加工技術で多数配置しており、これまでの工具を大幅に凌駕する加工能率を達成する。生産性向上とトータルコストも低減するという。

左:ラジアスエンドミル(φ5mm:16枚刃)、右:ラジアスエンドミル(φ2mm:8枚刃)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る