Bluetooth 5最新バージョンに対応した無線通信モジュールの量産を開始――使用温度が+105℃に向上 太陽誘電

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽誘電は2020年8月5日、Bluetooth 5の最新バージョンであるコア仕様バージョン5.2に対応した無線通信モジュール「EYSPBNZUA」を商品化し、2020年8月から量産を開始する予定だと発表した。使用温度を+105℃に向上している。サイズは10.0×15.4×2.0mmで、サンプル価格は3000円/個。

センサーノードなどIoT関連機器は非常に小型なため、搭載できるバッテリー容量が限られており、極めて低消費電力での稼働が求められていると同時に、消費電力が少ない無線通信規格であるBluetoothが多く採用されている。また、高温環境下での使用や発熱を伴う機器では、耐熱性が問題となることがあったという。

EYSPBNZUAは、こうした問題を解決するため、使用温度範囲の上限を従来品の+85℃から20℃向上。-40~+105℃まで対応し、工場や屋外など高温環境下のIoT(モノのインターネット)化に貢献する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る