悪環境下での視認性を改善する高演色/高速画像処理アルゴリズムを開発――車載カメラ映像を明るく色鮮やかに補正 マクセル

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクセルは2020年8月17日、夜間や霧、雨などの悪環境下での視認性を改善する高演色/高速画像処理アルゴリズムを開発したと発表した。

今回開発されたアルゴリズムには、人間の視覚特性をモデル化した「Retinex理論」による高視認化処理および色彩を強調する色復元技術が用いられている。この高速画像処理アルゴリズムをFPGAもしくはASICに実装して用いることで、演算における遅延を大幅に低減でき、60fps(フレーム/s)のリアルタイム処理を実現した。原理的には120fps以上の高速カメラ映像にも対応可能となっている。

左:夕方 (補正なし) 右:夕方(補正後)

局所コントラスト改善比率は2倍以上で、処理時間は16ms以下となった。悪環境下での車載カメラ映像を明るく色鮮やかに補正することが可能となっており、歩行者や道路標識などの視認性を高める。

左:夜間(補正なし) 右:夜間(補正後)

同社は、同アルゴリズムによる高演色画像処理技術を車両周辺の映像に適用し、AR(拡張現実)ヘッドアップディスプレイに表示することで安全運転を支援するシステムを想定している。また車載向け以外にも、監視カメラやテレビ会議システムといった分野での用途を見込む。

同社は、高演色画像補正技術を車載映像表示システムのコア技術の一つに位置づけており、ヘッドアップディスプレイなどの映像表示装置と組み合わせて2021年より市場投入する計画を立てている。また、同社の光学技術や開発中の3D映像表示技術と併せて、車載映像表示システムや監視システム、サイネージシステムなどへの展開を図る。

左:霧(補正なし) 右:霧(補正後)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る