業界最小実装面積で最大動作温度125℃の電圧駆動型フォトリレーを発売 東芝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝デバイス&ストレージは2020年8月27日、業界最小実装面積で最大動作温度を定格125℃へ拡張した電圧駆動型フォトリレー製品「TLP3407SRA」「TLP3475SRHA」「TLP3412SRHA」の出荷を開始すると発表した。

3製品は、最大動作温度定格を110℃から125℃に拡張しており、温度が高いエリアにも実装できる。また、機器の温度設計マージンが確保しやすくなる。

最大動作温度定格125℃のフォトリレーとしては業界最小となる2.9mm2の実装面積パッケージ「S-VSON4T」を採用しているため、実装基板の省スペース化やフォトリレーの搭載数増加に貢献する。

応用機器は、メモリー、SoC、LSIなどの半導体テスターのほか、プローブカード、バーンイン装置、オシロスコープやデータロガーなどの計測器。TLP3407SRAについては、3.3mW(max)@VIN=3.3Vでの入力側低消費電力駆動が可能だという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る