有機エレクトロニクスデバイスの性能を向上させる新たな電子注入技術を開発――配位結合による金属-有機材料間の分極 日本触媒とNHK

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本触媒は2020年8月31日、NHKと共同で、有機ELなどを省電力化、長寿命化させる新たな電子注入技術を開発したと発表した。

日本触媒によると、従来有機ELなどの有機エレクトロニクスデバイスでは、電極金属と有機材料間の電子のやり取りをスムーズにするために、アルカリ金属などの材料が用いられてきた。しかしアルカリ金属は有機材料との反応性が高いために、デバイス劣化の要因となってきた。またアルカリ金属は空気中の酸素や水分に弱いために厳重に封止する必要があり、有機薄膜デバイスのフレキシブル化の際に課題となってきた。

今回同社らは、電極金属と有機材料との間に大きな分極を生じさせる配位結合を用いた電子注入技術を開発。これによりアルカリ金属などの反応性の高い材料を用いなくても有機ELの低消費電力化や長寿命化を実現できることを発見した。

今回開発した技術は、上記の他にも電子の取り出し技術への応用が可能で、有機太陽電池のエネルギー変換効率の向上や有機センサーデバイスの高感度化などへも寄与できるという。

また、同社開発中のiOLEDフィルム光源(薄い有機ELフィルム光源)に対しても、既存製造設備への適用が可能となり、製造プロセスの簡略化による大幅なコスト削減が期待できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る