トヨタが水素エンジンの技術開発を推進、競技車両に搭載してモータースポーツに参戦

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2021年4月22日、水素エンジンの技術開発に取り組む方針を発表した。カローラ スポーツをベースとした競技車両に水素エンジンを搭載し、5月21~23日に開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第3戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レースに参戦するなど、モータースポーツの活動を通じて水素エンジンの技術に磨きを掛けていく考えだ。

競技車両に搭載する水素エンジンは総排気量1618cc、直列3気筒インタークーラーターボで、圧縮気体水素を使用する。

トヨタは燃料電池自動車(FCV)の「MIRAI」をすでに販売しているが、FCVは水素を空気中の酸素と化学反応させて電気を発生させ、モーターを駆動する。一方、水素エンジンは、ガソリンエンジンから燃料供給系と噴射系を変更し、水素を燃焼させて動力を発生する。ガソリンエンジンでも発生するごく微量のエンジンオイル燃焼分を除き、走行時にCO2は発生しないという。

水素はガソリンと比べ、燃焼が速く、応答性も高い。環境性能の面でも優れている上に、音や振動を含めた「クルマを操る楽しさ」を実現する可能性があると見込んでいる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る