世界初となるハイテンのエンドレス圧延技術を開発し、量産を開始 JFEスチール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JFEスチールは2021年5月6日、世界で初めて高張力鋼板(ハイテン)の熱間連続圧延(エンドレス圧延)技術を開発したと発表した。すでに千葉地区の東日本製鉄所熱延工場での量産に同技術を用いており、ハイテンの安定生産と生産性向上を実現している。

通常の熱間圧延プロセスでは、粗圧延機と仕上げ圧延機で加熱したスラブを1枚ずつ所定の板厚まで圧延。冷却設備で温度を制御してから、コイル状に巻き取る。しかし、このプロセスでは仕上げ圧延時にコイルの先尾端に張力がかからず、鋼板の形状悪化や蛇行が発生しやすくなるという問題がある。

同社は1996年にこれらの問題に対応するため、粗圧延機と仕上げ圧延機との間に接合装置を設置した。コイルの先尾端を接合し、仕上げ圧延機に複数のコイルを連続的に装入できるエンドレス圧延の技術を世界に先駆けて開発。東日本製鉄所に導入した。

エンドレス圧延設備の概要

しかし、エンドレス圧延をハイテンへ適用すると、機械的特性の向上を目的に添加している合金元素(Si・Mn等)の影響により、接合部の強度と延性が低下してしまう。これにより、仕上げ圧延時に破断しやすいという課題があった。そこで今回、接合部の強度と延性の低下を防ぐ技術を開発。仕上げ圧延時の破断を抑制することに成功したと説明している。

接合部の高温延性に関する従来法と開発法の比較結果

同社は今後も、革新的な生産プロセス技術、高性能なハイテンの開発を通じて、増加が見込まれるハイテンの需要に応えていく考えだ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る