空中タッチディスプレイの改良モデルを開発――「東京ミッドタウン八重洲」のエレベーターホールに採用へ 凸版印刷

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷は2021年9月15日、空中タッチディスプレイの改良モデルを発表した。視野角が拡大したほか、空中映像の明瞭度も改善している。2022年8月竣工予定の複合施設「東京ミッドタウン八重洲」のエレベーターホールに採用される予定となっている(上の画像は同ホールでの採用イメージ)。

改良モデルは、従来モデルから上下方向の視野角が30度ずつに倍増した。エレベーターホールなどで、子どもから身長の高い人まで幅広い層が映像を視認できる。左右方向は、従来モデルと同じく15度ずつとなった。

同社独自の新方式光学設計技術を採用しており、空中映像の解像感や明瞭度も向上した。明るい環境であっても映像を視認できるほか、精細な映像も表現可能となった。

空中タッチディスプレイ 画質比較イメージ

また、新方式光学設計技術の採用により、消費電力も従来モデルと比べて約50%低減した。機器より生じる発熱量も抑制できるため、組み込み時の放熱経路に関する設計上の制約が緩和され、設備のデザインの自由度が向上している。

液晶パネルは7インチのTFTディスプレイを採用しており、表示解像度は800×480ドットのWVGAとなった。サンプル機はサイズが285×285×60mm、重量が約1.9kgとなっている。

東京ミッドタウン八重洲では、新型コロナウイルス感染症対策として非接触技術を用いる計画となっており、顔認証によるオフィス入退館システムや専有部入口の自動ドア化などに加えて空中タッチディスプレイの採用が決定した。

オフィスフロアの全エレベーターホールに、エレベーターのインターフェースとして同ディスプレイを搭載した操作コンソールを設置する。乗客は、上下ボタンや行き先階ボタンを指で物理的に押さずにエレベーターを操作できる。

凸版印刷は、今後もオフィスビルなどでの非接触オペレーションのキーデバイスとして空中タッチディスプレイの普及を推進し、2025年までに年間1万台の提供を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る