樹脂製高圧水素タンクを応用した水素貯蔵モジュールを開発――モビリティや荷役機器、発電機への応用に期待 トヨタ自動車

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2022年3月15日、樹脂製高圧水素タンクを用いた水素貯蔵モジュールを開発したと発表した。FCEV(燃料電池自動車)以外の用途での水素活用拡大を目指す。

同モジュールは、FCEV「MIRAI」に搭載した70MPaの複数の樹脂製高圧水素タンクと、水素センサーや自動遮断弁といった安全装置を組み合わせたものとなっている。安全に運搬できるため、水素充填が困難な港湾地域や山岳地域などでも利用可能となる。

また、同社が2021年3月より販売しているFCシステムモジュールと組み合わせることで、トラックやバス、鉄道、船舶などのモビリティや港湾などでの荷役機器、定置式発電機といった用途にも活用可能となることが期待される。

これまでも、顧客からFCEV以外の用途での水素活用に関する要望が同社に寄せられていたものの、各分野や使用環境によって安全基準が異なることが障壁となっていた。

同社は、2022年3月16日〜18日にかけて東京ビッグサイトにて開催される「FC EXPO(水素・燃料電池展)」において、同モジュールのコンセプトモデルを出展する。水素貯蔵容量が異なる3種のラインアップに加えて、大容量化したタンクを用いた大型モジュールも出展する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る