独自の電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を体感できるラジコンカーを公開 日産

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は2022年3月17日、新型EV「アリア」に搭載されている電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」のハンドリング性能を誰でも気軽に体感できる「e-4ORCE ラジコンカー」を開発したと発表した。ラジコンカーは3月18日から横浜市西区の日産グローバル本社ギャラリーで公開されており、来場者は実際に操作できる。

e-4ORCEは日産が独自開発した4輪制御技術。前後に合計2基の電気モーターを搭載し、それぞれのトルクとブレーキを協調制御することで、どのような路面状況でも安心して思い通りにコーナリングを楽しめる。同社はトレイに載せたラーメンを運ぶ様子を動画で公開し、快適な乗り心地をアピールしている。

今回は、気持ちよく車を運転できる高い走行性能を広く訴えるためにラジコンカーを制作した。ラジコンカーでは、タイヤのグリップを最大限活用する制御を再現するため、4つのモーターで4輪を個別に制御するメカニズムを採用。搭載されたセンサーがラジコンカーの走行状態を把握し、それぞれのモーターの駆動力を個別に制御することで走りを安定させ、ドライバーは思い通りに車を操れる。

グローバル本社ギャラリーでは、車を運転しているときと同じようにシートに座り、ハンドルとペダルでラジコンを操作できる。ラジコンカーにはカメラが搭載され、モニターの映像を見ながら操作するので、まるで実車を運転しているかのような感覚でe-4ORCEの性能を体感できる。

このラジコンカーは、子供から大人まで幅広く車を操る楽しさを感じてもらおうと、e-4ORCEの研究/開発を担当した日産のエンジニアが実際にテストを重ねて製作した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る