「リコー3Dプリンター出力サービス」に耐熱性/強度に優れた新材料「Somos® PerFORM」を追加 リコージャパン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年3月29日(火)、「リコー3Dプリンター出力サービス」に耐熱性/強度に優れた新材料「Somos® PerFORM」(UV硬化樹脂)が追加された。

リコー3Dプリンター出力サービスは、顧客から預かった3Dデータを元に、リコーの技術者が3Dプリンターで造形して顧客に届けるサービスだ。

今回追加されたSomos® PerFORMは、光造形方式(SLA)および液相光重合方式(VPP)向けの新材料だ。高耐熱性と高強度の特徴を生かし、試作評価や簡易型の樹脂型への代替に適しているという。加えて精細性や表面性、剛性も高く、コネクタなどの組み付け用部品の試作評価や風洞実験用モデルへの活用にも有効だ。風洞実験用部品では従来のクレイモデルよりも薄くて軽い部品の製作ができる。

対応積層ピッチは0.10mmまたは0.15mmでカラーはオフホワイト。中空構造に対応しており、再現可能な最小寸法は0.3mm以上となる。

関連リンク

プレスリリース(PDF)
3Dプリンター出力サービス~リコー3Dプリント
3Dプリンターの素材・造形材料の特徴

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る