電動車の技術を活用し、停電時も自宅へ電力を供給できる住宅用蓄電池システムを開発 トヨタ自動車

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2022年6月2日、電動車の開発で培った高度な電池技術と、車載部品、ユニットを活用した住宅用蓄電池システム「おうち給電システム」を開発したと発表した。電動車に蓄えた電気を停電時に自宅のバックアップ電源として利用し、安心な暮らしをサポートする。

おうち給電システムは、トヨタの電池制御など電動車用バッテリーの技術を応用し、電池の安全性を確保している。また、8.7kWhの定格容量と5.5kWの定格出力を備えており、平時以外にも対応。災害などによる停電時に、電力を家全体に供給できる。

おうち給電システム

設置イメージ

再生可能エネルギーの一つである太陽光発電システムとの連携にも対応。昼間と夜間それぞれの時間帯のニーズに合わせて電力を最適に供給できる。

トヨタならではの機能も搭載する。電動車(HEV、PHEV、BEV、FCEV)のAC100V出力の給電に対応しており、停電した際に家庭用のバックアップ電源として活用できる。災害などの停電時にも、電動車に蓄えた電気を使用できる。

将来のIoT化に備え、ハイブリッドパワーコンディショナと接続した無線LANルーターを介した操作に対応。蓄電量の確認や運転モード設定などを、スマートフォンやタブレット端末の専用アプリを使用し、リアルタイムで操作できる。

スマートフォンからの操作イメージ

同社は2022年6月2日より、おうち給電システムの先行予約を開始。日本国内での販売は、ハウスメーカーや総合施工会社を通じて8月より実施する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る