小型/低抵抗の表面実装型ヒューズ「セルフコントロールプロテクター」を製品化――急速充電対応スマートフォンに最適 デクセリアルズ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デクセリアルズは2022年7月25日、従来品より57%の低抵抗化と21%の小型化を実現した、30A定格のセルフコントロールプロテクター(SCP)「SFS-0830A」を製品化したと発表した。

SCPは、リチウムイオンバッテリーの充放電を制御している1次保護の不具合のために過充電や過電流が発生した際に、ヒューズエレメントを溶断させて回路を遮断する2次保護用の表面実装型ヒューズである。リチウムイオンバッテリーの普及と共に、ノートPCやスマートフォンをはじめ、電動工具や電動バイクなどさまざまな分野で採用されている。

今回製品化したSCPは、製品裏面とヒューズをつなぐ貫通電極(スルーホール)間の導通距離を短くするよう設計変更。これによりヒューズ抵抗0.55mΩと、従来品と比較して57%低減した。ヒューズ自体の発熱や消費電力を抑えることができるので、搭載する機器の駆動時間延長に寄与する。さらに製品サイズ5.4×3.2×0.9mmと従来品より21%小型化。同社によると定格電流30AのSCPとしては最小、最薄の製品となる。鉛フリー化にも対応している。

同製品は、小型で搭載機器の長時間駆動が可能であることから、急速充電対応のスマートフォンに適している。また、30A対応であるため、電動工具やコードレスクリーナーなどの比較的大きな電流が流れる機器でも使用できる。

電池パック直列セル数は2セルで、最大定格電圧は36VDC。最大遮断電流80Aで、動作電圧範囲8.1~9.6V、ヒーター抵抗は2.97~4.37Ωとなっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る