メルセデス・ベンツ、コンパクトで高出力の新型クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載した「S 400 d」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OM656

メルセデス・ベンツは2018年9月10日、同社の最高級セダン「Sクラス」に、新型3.0L直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載した「S 400 d」、「S 400 d 4MATIC」および13センチ全長が長い「S 400 d ロング」、「S 400 d 4MATIC ロング」の合計4モデルを追加したことを発表、同日より予約注文を開始した。

新型OM656エンジンは、「S 450」などに搭載されている「M256」エンジンなどと基本設計を共有する、モジュラーコンセプトを採用。最高出力340馬力(250kW)、最大トルク700N・mと、メルセデス・ベンツの乗用車中では最高出力のクリーンディーゼルエンジンとなる。低振動で高い静粛性を保ちながらスムーズに加速できるのが特徴だ。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmにし、全長をコンパクトにしたことで、さまざまなモデルに搭載可能だ。

シリンダーブロックは軽量化のためアルミニウムを採用。一方でピストンはスチールを採用しており、熱膨張率の異なる素材を組み合わせることで40%以上摩擦を低減した。また、シリンダーウォールにはスチールカーボン材を溶射コーティングした「NANOSLIDE摩擦低減加工」が施されている。

ターボは2ステージターボチャージャーを使用し、さらに可変タービンジオメトリーの採用で、低回転から高回転まで全域で力強い加速が可能だ。

排気側には可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」を採用し、冷間時の吸気工程中に排気の一部を燃焼室に戻すことで燃焼室内の温度を上昇させる。これにより、排出ガス浄化システムを適切な温度まですばやく温めることができ、排出ガスの浄化を効率化する。さらに排出ガス浄化システムをエンジンに近接して搭載することで、排出ガスの温度低下による浄化効果の低下を防止できる。

右ステアリングのS 400 dが1116万円、左ステアリングのS 400 d 4MATICが1160万円、ロングタイプのS 400 d ロングが1461万円、S 400 d 4MATIC ロングが1505万円(いずれも税込)で、納車はモデルにより2018年10月または11月頃の予定だ。

S 400 d

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
ページ上部へ戻る