CADデータをゲーム開発環境「Unity」に取り込めるプラグイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは2015年12月4日、統合ゲーム開発環境「Unity」へCADで制作した3Dモデルをインポートするプラグイン「Unity CAD Importer」をリリースした。

Unityは、iOS、Android、Windows、Xbox 360、PlayStation 4など、複数のプラットフォームに対応するゲームエンジン。今回のプラグインは、Unityがゲーム以外の産業で利用され始めたことを受けて開発されたものだという。

Unity CAD Importerは、産業・工業用途で作成したCADデータをUnityへインポートするためのプラグイン。従来ではUnityにインポートできなかった大容量のデータが取り込めるようになるほか、一般的なCADの中間ファイルIGESからアセンブリの階層構造が再現できる。

詳しい特徴は以下のとおり。

Pressrelease_02_1
CADインポート
CADファイルをUnityのメッシュオブジェクトに変換して読み込める。対応フォーマットは、目下のところIGESのみ。STEPなど他のフォーマットにも順次対応する見通し。

ポリゴン削減
CADファイルを読み込みむとき、最適なポリゴン数へ削減できる。

メッシュ自動分割
Unityの最大頂点数は6万5000だが、それを超える場合でも、自動的に複数のメッシュオブジェクトに分割して読み込むことが可能。

メッシュ自動修正
穴埋め修正や表裏揃えなど、メッシュデータを修正するヒーリング機能を備える。

Unity CAD Importerは、α版が無償で公開中。α版の試用や技術的な質問は、専用ページで受け付けている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る