11.1kWの大電力に対応した薄型/軽量/低コストなワイヤレス充電用シート型コイルを開発 DNP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日本印刷(DNP)は2021年8月4日、11.1kWの大電力に対応した薄型/軽量/低コストなワイヤレス充電用シート型コイルを開発したと発表した。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)等の電動車、無人搬送車(AGV)に使用できる。

近年、ワイヤレス充電技術が注目されているが、電導線としてリッツ線を使用する既存のコイルは厚み/重量/コストに課題があった。同社はこうした課題に対し、エレクトロニクス部門事業の知見を活かしたコイル設計技術/製造技術によって、大電力伝送(SAE J2954-WPT3/11.1kWクラス)に対応し、既存製品よりも薄型/軽量で、低コストなワイヤレス充電用シート型コイルを開発した。

大電力対応ワイヤレス充電用シート型コイル

開発したシート型コイルは、送電側と受電側の両方のワイヤレス充電システムに対応する。また、大幅に薄型化/軽量化しており、電動車向けのフェライトを含めたコイルの厚さが約3mm、重量は約1kg(SAE Internationalが規定するJ2954 WPT3/Z2対応のコイルの場合)となっている。これは厚さ約12mm、重量約4kg以上となるリッツ線を用いた同仕様の既存製品と比べ、厚さと重量が約4分の1になっている。

使用する材料も削減でき、既存製品と比べてコストを低減できる。独自のコイル設計技術により、コイルの外側に発生する漏洩磁界を低減。発する熱も低減や平均化し、大電力を伝送できる。

コイルのサイズや使用電力に合わせた最適設計技術を活かしており、設置スペースが小さい無人搬送車にも応用できるという。また、コイルで発生した磁界を熱に変えるIH家電の内部に組み込まれているコイルとして代用できる。

同社は今後、今回開発した大電力対応ワイヤレス充電用シート型コイルの早期製品化を推進。2025年までに年間50億円の売り上げを目指す。国内外の自動車メーカーやシステムメーカー、道路等のインフラ関連の業界のほか、無人搬送車メーカーやIH家電のメーカーにも提供していくという。また、シート型コイルの技術を応用/発展し、製品開発をさらに進め、将来的には走行中充電向けにも展開していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る