トヨタと共同開発、meviyに3D CADの製造情報を自動反映する機能を搭載 ミスミグループ本社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスミグループ本社は2021年8月26日、設計データのみで生産設備用機械加工部品が調達できるオンデマンドサービス「meviy(メヴィー)」をアップデートし、3D CADデータ上の製造情報を自動で反映する機能を27日から提供すると発表した。

meviyは、特注形状の機械加工部品を受注生産するオンライン機械部品調達サービスで、部品の設計データ(3DCADデータ)をアップロードすると、AIが価格と納期を即時に回答して最短1日で出荷する。

新機能はトヨタ自動車と共同で開発したもの。これまでmeviyで部品調達する際は、3Dデータをアップロードし、部品の「穴」の種類、精度を設定後、発注するという手順を踏む必要があった。しかし、新機能により、meviyに3DCAD上で設定した「穴」の製造情報を自動連携して反映できるようになった。設計品質と作業効率を同時に向上し、顧客の部品調達プロセスを大幅に改善。作業効率を従来から約30%改善する効果も確認できている。対応するCADソフトウェアは、「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 設計製造支援 iCAD SX」と「SOLIDWORKS」の2種類だ。

同社とトヨタ自動車は、新機能をトヨタグループ内への展開にとどめず、meviyの機能として搭載することで多くのユーザーに活用してもらい、製造業全体のDX化に貢献したい考えだ。共同開発は今後も継続し、新たに開発した機能をmeviyに搭載することで、業務効率の改善、紙図面を廃止すること等による製造業の環境課題解決に貢献していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る