生産設備/生産ライン検証向けの3Dシミュレータを販売開始へ――デジタル空間内で仮想的に業務プロセスを検証可能 三菱電機

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は2022年3月29日、生産設備や生産ラインをデジタル空間に仮想的に構築し、業務プロセスを検証できる3Dシミュレータ「MELSOFT Gemini(メルソフト ジェミニ)」を同年4月28日に販売開始すると発表した。

同シミュレータとシーケンサやモーションなどの制御動作向けシミュレータ「MELSOFT」を組み合わせることで、3Dでデジタル空間に構築した生産設備や生産ラインの動作や制御などを事前に検証できる。

生産設備/設計シミュレーション画面

OPCサーバーなしで、さまざまな機器やMELSOFTシミュレータと接続可能。3Dデータを適宜更新できるため、生産設備の動作干渉確認の精度が向上する。

ロボットやコンベヤー、加工機といった生産ラインの構成に求められる機器パーツを備えた。ドラッグ&ドロップなどの容易な操作により、生産設備やレイアウトを3Dで構築できる。

さらに、線、面積、棒、円と4種類の分析グラフに対応した。シミュレーションに関する統計を視覚化することで、生産設備の稼働率の変化などを分析できる。

ライセンス品および保守契約1年間を含めた「MELSOFT Gemini Professional」(SW1DND-3DSIMR-MQ12)および「MELSOFT Gemini Essentials」(SW1DND-3DSIME-MQ12)、保守契約1年間を対象とした「MELSOFT Gemini Professional 保守契約」(SW1DND-3DSIMR-MHQ12)および「MELSOFT Gemini Essentials保守契約」(SW1DND-3DSIME-MHQ12)をラインアップに揃えた。それぞれオープン価格となっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る