超音波フェーズドアレイ探傷器のハイエンドモデルを発売――データ取得速度を従来比約4倍に向上 オリンパス

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパスは2022年4月5日、同社完全小会社のエビデントが、小型軽量な筐体を維持した超音波フェーズドアレイ探傷器のハイエンドモデル「OmniScan(オムニスキャン) X3 64」を国内で発売すると発表した。対象物を破壊することなく、内部状態を業界最高レベルの解像度で鮮明に画像化できる。

OmniScan X3 64は、64個の超音波チャネルを同時制御できるハイエンドモデルながら、携帯性の高さを維持しており、より高精度かつ迅速に検査をサポートする。検査対象物に入射した超音波が空隙や割れなどの欠陥部位で反射して戻ってくる時間と強さから、対象物の欠陥の位置や大きさを推定する超音波フェーズドアレイ探傷の検査効率を向上する。

これまでのポータブル探傷器では測定が難しかった検査シーンでも高精度に測定できる。サンプルの全領域に焦点が合った鮮明な画像を取得ができるTFM機能は、最大でデータ取得速度を従来比約4倍に向上。約4分の1の時間で、サンプルの全領域に焦点が合った鮮明な画像を取得できる。

64個の超音波チャネルを同時に制御することにより、より強い超音波の入射とよりフォーカスの合った画像化ができる。超音波が伝わりにくい厚肉のオーステナイト系の溶接部の検査など、難易度の高い検査シーンにも対応する。

バッテリー駆動時間は、前機種と同じ5.7kgの小型軽量な筐体と同じ時間を維持。IP65にも準拠し、安心して屋外の過酷な検査環境でも使用できる。内部ストレージは最大1TBの検査データを保存。長時間の検査も一度でできる。

TFM機能使用時の最適な条件設定をサポートするAIM機能を搭載。これまで作業者の感覚に頼って機器を設定していたが、超音波の反射強度をAIM機能でシミュレートすることで、経験の浅い作業者でも簡単に設定できる。また、CADインポート機能を搭載。CAD図面をインポートして検査画像に重ねて表示できるため、はじめて使用する際も、検査画像に現れる信号と対象物内部の位置関係を直感的に把握できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る