世界最高レベルの柔軟性を有する新規PPS樹脂を開発――高い耐熱性や耐薬品性を維持 東レ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東レは2019年3月28日、ポリフェニレンサルファイド樹脂(以下、PPS樹脂)が有する高い耐熱性や耐薬品性を維持しながら、世界最高レベルの柔軟性を有した新規PPS樹脂の開発に成功したと発表した。2019年4月から自動車用途を中心に本格提案を開始するとともに、幅広い工業材料分野で用途展開を進めるという。

PPS樹脂は、優れた耐熱性や耐薬品性などの特性をバランス良く有しており、年率約7%で拡大しているスーパーエンジニアリングプラスチックだ。主に、金属代替として耐熱性や軽量/高強度が求められる自動車用途で広く普及しており、パッキンや自動車配管など柔軟性が求められる用途ではエラストマーを配合したPPS樹脂が使用されている。しかし、耐熱性や耐薬品性を維持しながらの柔軟性付与には限界があり、高い柔軟性を有したPPS樹脂の開発は長年の課題だった。

東レは、長年の研究や開発で蓄積した技術データベースをもとに設計したマテリアルデザインと、同社独自のナノテクノロジー「ナノアロイ」をベースとしたアロイ精密制御技術を用いてポリマー構造を最適化することで、弾性率1200MPa以下という、世界最高レベルの柔軟性を有した新規PPS樹脂の開発に成功した。

今回開発したPPS樹脂は、170℃で1000時間処理しても機械強度の低下はなく、実使用環境で必要な酸やクーラント(自動車冷却液)に対しても高い耐性を有する。この新規PPS樹脂を用いることで、従来は実現できなかった自動車配管部品の樹脂化や部品点数削減、工程簡略化などが期待できるとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る