持っているコア技術を生かすこと、アグリテックの転職成功事例、自動車、電気メーカーからの転職も [農業の未来を担うアグリテック]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイテックネクスト 代表取締役社長 河辺真典氏(左)と、東京営業部モビリティグル―プ 杉山直紀氏(右)


~ 大きく注目を集めつつある「アグリテック」に関する最新事情をエンジニアリングの視点から読み解く~

本記事は、エンジニア専門の人材紹介会社メイテックネクストの代表取締役社長 河辺真典氏と、東京営業部モビリティグル―プの杉山直紀氏への取材を通じて、アグリテックの最新事情をお伝えしていく連載記事です。

第1回目「日本の農業が抱える課題」、第2回目「アグリテックの課題と動向」、第3回目「アグリテックに必要なエンジニアスキル」と、農業に関わるエンジニアのキャリア形成に役立つ情報をお届けしてきました。

第4回となる本記事は、アグリテック企業への転職成功事例について、と題し、大手企業でのエンジニア経験者が求められている背景について、お話を伺います。


――アグリテック企業への転職事例をご紹介いただけますか。

[杉山氏]自動車メーカーの研究開発者が、ドローンを手掛けるアグリテックベンチャーに転職し、モデルベース開発から実装開発まで、幅広い業務に携わっている例があります。現在は技術部門のトップに近いポジションで活躍されていますね。

ドローンは、安全規格や設計のガイドラインが未だ明確になっていない部分があります。そこで、安全確保の考え方ができる自動車メーカーや自動車部品メーカー、医療機器、家電、光学機器メーカーなど、大手企業で業務経験のあるエンジニアが求められるケースが目立っています。

アグリテックには他業界の知見が生かせる

――具体的にはどのような技術分野になりますか?電気系や機械系でもチャンスはありますか?

[河辺氏]確かにドローン設計エンジニアというカテゴリーは、あまり聞きません。ただ、ドローンにはメカ部分がありますから、当然機械として見る必要があります。電気電子系では、センシング技術、見たものを解析する画像解析技術、ドローンを飛ばすための制御技術もあり、モータを回す電気回路設計エンジニアも必要です。ある意味ドローンには、すべての要素が入っていると言えるでしょう。

――参入を狙う大手企業からの求人はまだ顕在化していないとのこと、現状ではベンチャーへの転職が中心になりますか?

[河辺氏]重要なのは「日本そして世界の農業を守ること」で、これが大切だと思えるのであれば、この業界で求人を探し、身を投ずるべき、というのが、私たちから求職者へのメッセージ、投げかけになります。

アグリテック企業側にも、掲げる理念に共感して参加して欲しい、自分が培ったコア技術を生かしてほしい、という大前提があります。高い問題意識を持ち、自分の技術を生かしてこれから会社を作っていこうという人材が求められていると思います。

前職で何を作っていたかというよりも、どのような考え方で設計していたのかが重要な採用基準になるでしょう。全員で一つの製品を作り上げること、そのための技術の蓄積と改良を長年培ったからこそ得られると分かっている人が、特にものづくり系のベンチャーにはフィットします。天才的なエンジニアが1人でエッジをきかせてプログラムを開発するような、ソフトウェア開発系のベンチャーとは違いがあります。

――大手企業からの転職事例も多いと伺いました。

[河辺氏]ファブレスのベンチャーだからこそ、開発環境や人材に優先的に投資しています。一般的な製造業では、ようやく3D CADを入れたというところも多いですが、ベンチャーでは最初から数百万円もするハイエンド3D CAD製品を入れたり、モデルベース開発を行っていたりします。大企業の開発現場と比べても、そん色ない開発環境を、20名ほどの規模の会社が最初から実現しているのです。

[杉山氏]優秀な人材を採用するため、年収提示も比較的高額になっていると感じます。
実際に転職を支援させていただく方には、ベンチャーのビジョンに共感することもそうですが、転職時には、アグリテックは成長産業だということも理解して頂いています。そこに対してゼロベースで自分の技術を生かすところにやりがいを感じている方が多いですね。

――年齢的にはどのあたりの層が求められていますか?

[杉山氏]年齢の幅は、メインターゲットは40歳台前半から50歳台の手前まで。自分で手を動かせる、バイタリティのある方が良いようです。ベンチャー企業だと、大手企業と違って若手の教育係に割ける人員が不足していることもあるため、20歳台から30歳台前半までの層は、ポテンシャルとして採用しているようです。

次回は、最終回、「アグリテックと転職についての今後の展望」と題し、お話を伺います。

アグリテックおすすめ求人

電気・電子・半導体分野
機械メカトロ分野
IT分野
組み込みソフト分野
化学分野


河辺 真典(代表取締役社長)
生産技術エンジニアとして5年・リクルートエージェントで8年の勤務経験あり。
弊社のコンサルタントは、転職支援のノウハウと業界・技術知識の両方に長けております。
その上で、単に転職先を決めるだけでなく、
転職先でご活躍いただく「失敗しない転職」をご支援するように心がけております。


杉山直紀(メイテックネクスト 東京営業部モビリティグル―プ)
前職は輸入車ディーラーの営業を経験。入社後は一貫して企業向けの営業を担当。
現在は自動車業界向けのチームに所属。自動車業界と合わせドローン等の新しい技術領域のスタートアップ企業も担当。
日々新しい技術が生まれる中で、エンジニアの皆様が真に納得していただける転職を
サポートしたいと思います。



ライタープロフィール
後藤 銀河
アメショーの銀河(♂)をこよなく愛すライター兼編集者。エンジニアのバックグラウンドを生かし、国内外のニュース記事を中心に誰が読んでもわかりやすい文章を書けるよう、日々奮闘中。


関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る